レディー

お尻にニキビができる┃顔のものとは原因がちがう

抜け毛をふせぎ長さを保つ

女の人

まつげも髪の毛と同様に美容液などでケアしてあげることで、きれいで長く美しいまつげをキープすることが可能です。まつげ美容液を使用することでダメージも軽減し、毛量を増やしたり、長くする効果も期待できます。

もっと読む

ニキビあとを改善させる

婦人

リプロスキンは、肌をやわらかくすることに重点をおいた化粧品です。深部まで成分がぐんぐん入り込み、ニキビあとを改善させていきます。ダーマホワイトも配合されているので、透明感のある美しい肌に仕上がります。

もっと読む

ヒップの悩みとその対策

お尻

お尻にできるニキビの原因には、独特の特徴があります。まず第一に、生活の中で、座っている時間が長い場合、お尻が蒸れることで、ニキビができやすくなります。また、蒸れる以外にも、摩擦や体重の重みでお尻の皮膚が角質化しやすくなります。皮膚が角質化すると毛穴がふさがりやすくなるため、ニキビができやすくなります。第二に、お風呂でシャンプーや石鹸を洗い残してしまうことが原因で、皮膚が刺激されてニキビになることもあります。これら以外では、下着が肌に合わないために肌に刺激を与えたり、通気が悪くなったことが原因でできることもあります。このように、お尻にできるニキビは、顔にできるものとは違って、様々な外部要因が原因でできることが多いというのが最大の特徴です。

お尻のニキビは工夫することで、治療の成功率を高くすることが可能です。まず第一に、お尻はさまざまな吹き出物ができやすい場所です。例えば、おできや粉瘤はニキビに似ていますが、別の症状です。ですから、お尻のできものがニキビかどうかを正確に判断して治療することが大切なことです。また、お尻のニキビで悩んでいるのに誰にも言わず、一人で治そうとする人も少なからずいます。今はいい薬もあるので一人で治すことも可能ですが、病院に行くという選択肢もあります。実はお尻のニキビは皮膚科で健康保険が適用となるので、ひどくなる前に病院に行った方が経済的にも安くつく場合もあります。自分で潰してしまったり、取り返しのつかないほど悪化させてしまうと跡が残ることもあるので、早めに病院で治療を受けるのも正しい対策の一つとなります。

肌質とローション

眼を閉じている女性

化粧水選びでは、肌に刺激を与えない商品を選ぶことが重要です。素肌に直接触れる化粧水は、肌との相性が非常に大切になります。遺伝子検査を受けると、肌質や肌トラブルのリスクを把握することが可能です。表面的な状態に惑わされないことが、肌ケアでは時に求められます。

もっと読む