ウーマン

お尻にニキビができる┃顔のものとは原因がちがう

肌質とローション

眼を閉じている女性

化粧水選びで気を付けたいのが、肌との相性です。化粧水の場合には、アルコールや植物由来の精油などが含まれていることがあります。こういった成分は、時に肌に刺激を与える一因です。特にアルコールは肌を乾燥させるため、乾燥肌や敏感肌の方は避けた方が無難と考えられます。清涼感を求める場合でも、よりマイルドな成分を選ぶのがベストです。化粧水の販売の際に行われる遺伝子検査を受けると、自動的に肌質も分かります。また、美容皮膚科などでも遺伝子の検査は可能です。遺伝子を調べることで自分の肌の問題点が分かりますので、適した商品が選びやすくなります。化粧水は肌にダイレクトに触れるコスメであり、肌質に合ったものを選ぶのが肝心です。

肌の遺伝子検査では、主にしわやたるみ、しみの出来やすさが分かります。こういった情報は、特定の遺伝子を調べることで把握が可能です。コラーゲンの生成能力や活性酸素への抵抗力などが、判断のポイントとされます。問題点が分かることで、現実的な対策が立てやすくなるのが便利な点です。リスク管理をする上でも、軽視できないのが遺伝子のメリットと言えます。遺伝子情報は、時に表面的に表れていないリスクも浮き彫りにします。間違った思い込みに気づかされることも多く、適切なケアをするために役立つ情報源です。本来の肌質は、意外に自分では分かっていないこともあり得ます。インナードライ肌のような表面の脂っぽさに惑わされると、ケアの方向を誤るのが問題です。